単語練習

こんにちは('◇')ゞ

験匠の氏家です!

 

 験匠は加美町・色麻町・大崎市(岩出山・古川・三本木など)からの通塾に便利な学習塾です。

(^O^)/

 

単語練習について

 

あなたのお子さんは「単語を覚えられない!」・・・と言っていませんか。

 

中学生で「英単語が覚えられない」、「覚えるのが苦手」というケースを耳にすることがあります。

 

様々な理由が考えられますが、なかには次のような理由で「覚えられない」という状況になっている場合があります。

 

お子さんの単語練習をチェックしてみてください。

 

 

【読めない単語を練習している】

まずは「読める」そして「意味が分かる」ことが前提です。

英単語はもちろん、「漢字」だって同じことです。

「読めない漢字」は、何回書いて練習しても覚えるのは大変ですよね。

はじめに「読めるかどうか?」チェックしてみましょう。

※意味(訳)が分かることも重要!

 

 

【ABC順に練習している】

単語帳などでアルファベット順(ABC~)に練習をしているケース。

お子さんが根気強く「~XYZ」までたどり着けばよいですが・・・・。

a,an,apple,able,act,abroad,again,and,any,arm・・・・

 

やたらに「a」で始まる単語ばかり知っている・・・

(^^;)・・・みたいなケースになりがちです。

「努力」がなかなか「成果」に結びつきにくく、やはり「苦手・・・」になってしまいがちです。

 

 

【1つ1つ単体で練習している】

単語の中には単体(月曜・火曜・1月・2月・犬、猫など)で練習していい場合もありますが、多くの場合は「文章」で練習する方が効果的です。

 実際に使う場合、単語は文中に入っているからです。

単体でのみ練習すると、「知っているけど、使えない」ということにも。

 

 

【何回も何回も書いている】

これは「熱心」、「立派」で「頑張っている」とも言えますが、お子さんによっては「書いているだけ」(作業)になってしまっている事があります。

 もちろん、身に付いていれば問題ありません。

(そういう練習法が合っているのでしょう)

 

単語練習が苦手なお子さんの中には、「何回も書いているのに覚えられない」という方がいます。

 そういう場合、練習が「書く作業」になっている可能性があります。

 

せっかく時間をかけているのに、かわいそうです。

はやく、やり方を改善してあげるべきです。

( ;∀;)

 

ぜひ、お子さんの単語練習の様子をチェックしてあげてくださいね!

('◇')ゞ

 

 

験匠の『教室見学』&『体験受講』できます。

お気軽にお問い合わせください。

TEL

0229-25-5031

 HPからのお問い合わせは、こちらから♪

 

入塾方法については、こちらから♪♪ 

 

⇒ブログの目次に戻る⇒⇒