小学3年生の勉強

こんにちは('◇')ゞ

験匠の氏家です!

 

 験匠は加美町・色麻町・大崎市(岩出山・古川・三本木など)からの通塾に便利な学習塾です。

(^O^)/

 

小学3年生☆彡

 

さらに大きな分かれ道・・・・

 

国語ではローマ字の扱いがあります。

それから、なんといっても「主語」「じゅつ語」「段落」など、文章の作りについての本格的な学習も盛り込まれていますね。

 

算数においては、ついに「わり算」が!

わり算の学習に伴い、小数の計算、分数の計算も行います。

 

ここまでですべての計算(四則計算)を学習することになります。

 

まさに、分かる・・・分からない・・・の「分かれ道」ですね。

 

実は、もうすでに、この時点までで「考える習慣」(練習)が出来ている人と、「計算オンリー(算数が得意!?)」の人では、目に見えない「差」がついてしまっています。

 

この差を埋めるのは、とっても大変です。(ToT)/

 

何が一番大変かと言うと・・・・この時期以降は・・・・

 

「苦手」「分からない」「やりたくない」「出来なくてもいい」「めんどくさい」など、低学年までの従順さは見られなくなり、親御さんでも「子どもを勉強に向かわせるのが大変になる」時期に入ってきます。

 

「やりたくない者に、やらせる」というのは、これは大変です。

(本人が望んでいないのですから・・・・)

 

親御さんが塾を考える時・・・

「まだ早い」

⇒⇒「分からなくなってから、苦手になってから塾へ」とか・・・

⇒⇒「本人がやる気になってから塾へ」とか・・・

 

このように考える方も(少数)いらっしゃるようですが、どうでしょうか・・・。

 

勉強をするのは本人(子ども)ですが、環境を作ってあげるのは大人です。

せめて義務教育の間(小学1年生~)は親御さんが主導して「学習の機会」を作ってあげて欲しいと思います。

( `ー´)ノ

 

 

験匠の『教室見学』&『体験受講』できます。

お気軽にお問い合わせください。

TEL

0229-25-5031

 HPからのお問い合わせは、こちらから♪

 

入塾方法については、こちらから♪♪ 

 

⇒ブログの目次に戻る⇒⇒