お手伝いをさせる(低学年)

こんにちは(^^)/


加美町中新田の学習塾「験匠」です。


おうちで「お手伝い」をしている子どもは多いでしょう。


幼稚園や小学校などからも「おうちのお手伝いをしましょう」という案内がきたりします。


お手伝いにも様々あり、「一緒に料理を作るお手伝い」とか「大掃除のお手伝い」など単発のイベント的なお手伝いや、毎日玄関の掃き掃除とか、門の新聞受けまで朝刊を取りに行くなど、毎日の習慣になるようなお手伝いもあります。


よく子育ての本などで言われているのは「家の中で毎日の決まった役割があるお手伝いが良い」ということです。

さらに、毎日のお手伝いは「別に面白くないお手伝い」の方が良いとされています。

 いちいちご褒美(お駄賃)をあげたりしてはいけません。

※小さい頃は、動機付けとしてたくさん褒めてあげましょう!!

(お手伝いありがとう!とっても助かったわ!など)

 

お手伝いの効果は、主に次の5つが挙げられます。

・規則正しい生活

・無償でも褒められなくても行動できる

・自分の役割(やるべきこと)を遂行できる

・楽しいことばかりでなくとも我慢できる

・責任感がみにつく


勉強でもスポーツ競技でも、毎回毎回「よしよし」と褒められるばかりではありません。努力がスグに評価されないことも多いのです。


時には、もくもくと(誰にも見られない場面で)ランニングしたり、素振りをしたりの練習が必要になります。勉強でも同じです。


 「手伝い」には、面白くなくとも、お駄賃がなくとも、褒められなくとも、自分のやるべきことに自分で取り組むという「頑張り」(我慢)への免疫(耐性)をつける効果があるそうです。


「面白くないからやりたくない」「面倒くさいからやりたくない」という小中学生にならないように、お手伝いを上手に工夫していきたいですね。

(^^)v


 

験匠の『教室見学』&『体験受講』できます。

お気軽にお問い合わせください。

TEL

0229-25-5031

 HPからのお問い合わせは、こちらから♪

 

入塾方法については、こちらから♪♪ 

 

⇒ブログの目次に戻る⇒⇒