漢字が苦手だから

こんにちは(^o^)/

 

加美町中新田の験匠です。

 

小学生の塾生たちは、よく「学校での出来事」などをお話ししてくれます。

「算数のテストで100点だった」とか「今日はここを習った」とか・・・・

 

 その中で、小学生の女の子が「私は漢字が苦手なんだ~」という話がありました。

 聞いてみると、学校の小テストで書けなかったらしい。

学校でも家でも「私は漢字が苦手だ」と言ってまわっている様子。

(これだと自己暗示になってしまう・・・)

 

 

「それじゃ、一緒に練習してみよう!」ということで練習開始!

 

①6~7問の小テストをする

②マルつけを自分でする

③間違ったもの・書けなかったものを「1回だけ」練習をする

④小テストをする

⑤マルつけをする

 

この繰り返し。

 

15分くらいでしょうか・・・。


新学期になって4月、5月のここ2か月で習った漢字を全部書けるようになりました。

 

「どう?漢字が苦手じゃないんじゃない?」

「今日で、○○ちゃんは漢字が苦手じゃないって証明されたね~♪」

 

・・・・ニコニコ笑顔で帰って行きました。

 

やっぱり「やり方」だと思いますね。

 

ここでもし『あなたは漢字が苦手なんだから、ノートに10回以上練習してきなさい』という方法をとったら、いまだに改善していないと思います。

 

 

「私は漢字が苦手だから」という自己暗示(思いこみ)から、素早く抜けることが大切だと思います。

 

 

 

験匠の『教室見学』&『体験受講』できます。

お気軽にお問い合わせください。

TEL0229-25-5031

 HPからのお問い合わせは、こちらから♪

 

 

⇒ブログの目次に戻る⇒⇒