南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

 

こんにちは、加美町中新田の験匠です。

 

今日は、鎌倉時代に浄土宗を開いた法然という僧の誕生日です。

 

「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることによってのみ仏に救われると説きました。

 

 当時の仏教は、一部の恵まれた人のためのものになっていて、助けを求める多くの人々を救う力を失っていたそうです。

 そこで法然は、浄土宗を開き、京都に出て、民衆や公家(朝廷に仕える人々)や、婦人達にも広めていったそうです。

 

鎌倉時代には、新しい仏教が多く広まりました。

浄土宗(法然)、浄土真宗(親鸞)、時宗(一遍)、日蓮宗(日蓮)、臨済宗(栄西)、曹洞宗(道元)の6人が開祖(開いた人)です。

 

鎌倉時代の新しい仏教の開祖(開いた人)の6人は、覚えておきましょう。

 

(覚え方/例)

 

鎌倉時代の新仏教は・・・・

「方針が一日で変わる。ええど~(いいぞ~)!」

ほう しん一 日 で変わる  ええ ど ~)

 

ほう・・・法然

しん・・・親鸞

一 ・・・一遍

日 ・・・日蓮

ええ・・・栄西

ど~・・・道元

 

です。

 

しっかり勉強して、救われてくださいね。(^0^)/


 

験匠の『教室見学』&『体験受講』できます。

お気軽にお問い合わせください。

TEL0229-25-5031

 HPからのお問い合わせは、こちらから♪

 

 

⇒ブログの目次に戻る⇒⇒